青梅の整体は「クーア整骨院」へ

ヘルニアで「坐骨神経痛の症状」「足につっぱり感、痛み」

 

当院では病院でヘルニアと診断された方、手術が必要と診断された方など多くいらっしゃっています。もちろん、そんな状況でも当院で施術することで症状が良くなり、旅行へ行ったり、また好きな運動を再開したりと喜んで頂いています。

しかしここでお伝えするのは決して、当院の施術でヘルニアなくなったりした訳ではありません。

今までの当院での症状の改善例は、ヘルニアは存在するも、本当にヘルニアが原因で痛みや症状が出ていたのではなく、その他にお身体に負担がかかる違う原因があったからなのです。

もちろん、当院の施術でお力になれない症状や本当に手術が必要なケースもありますので、それだけはご理解頂き、この続きを読んで頂ければと思います。

 

【プロフィール】

青梅市在住 Sさん 20代 男性    患者さん

 

 

 

 

 

 

【来院まで】

半年前から立ち上がる時や足に強く力を入れるとつったような痛みがでるとのことで

病院で診察してもらうと椎間板ヘルニアと診断され飲み薬を服用するもなかなか思うような効果を感じられず、ネットで「ヘルニア、坐骨神経痛、青梅」で調べて当院を受診する運びになりました。

 

【主訴・症状】

半年くらい前から立つときや強く力を入れると、つったような痛みが徐々に強くなってきてしまったようでした。

仕事でかなり腰に負担もかかるようで、それが原因なのでは?とご本人は思われていました。

座って立つ瞬間、車の乗り降り、長時間の座っている、長時間同じ姿勢からの初動作、大好きな筋トレでの腹筋、背筋で右大腿部(ももうら)から右下腿(ふくらはぎ)痛みが出現。

痛みがあるのでトレーニングジムや冬にはスノボーに行きたいが痛みが強い為、諦めているとのことでした。

今までは取り合えず痛みだけ取れればと思っていたのですが、今回は流石に根本的に身体の状態を知り、解決していかないとダメだと感じたようでした。

 

【検査】

・頸椎の2番(C2)が右側に突出

・右僧帽筋2カ所に圧痛

・梨状筋部に圧痛

・脊柱に固さ著明

・SLR陽性

・腰椎4番5番に圧痛

 

【治療法】

Sさんが仕事での痛みやトレーニングジムで筋トレをしても出来るようになった治療法と取り組みをご紹介します。

当院では患者さんに合った最適な施術を行います。

患者様のお悩みが治療だけで解決するのではなく、患者様自身がご自身の身体と向き合い

【自己管理】できるようになり予防できる状況を当院では根本改善としています。

ヘルニアで坐骨神経痛の症状の原因となる骨盤から背骨を整えることで筋肉のハリやこり、血流、神経伝達、身体の歪みを改善することであなたの身体が本来持つ自然治癒力を最大限に引き出します。また、生活習慣、姿勢改善、適切な運動をすることでその健康な身体を維持していきます。

 

1 骨盤から背骨を調整

脳から身体への神経の連絡通路である骨盤から背骨が整うことで、神経の働きが良くなり、筋肉が緩み、血行が良くなり、自律神経が整い、身体のメカニズムが正常になることで「自然治癒力」を最大限に引き出します。
ソフトでお身体に負担がかからない施術になるので子供からご高齢者の方まで安心安全に施術をうけることができます。

2 重心バランス・生活習慣・姿勢指導

骨盤から背骨をいくら整えても身体の重心や生活習慣、姿勢が悪ければ、また同じように身体を歪めてしまいます。またつらい経験をすることのないように徹底して行い、患者さん自身にしっかり取り組んで頂きます。

 

3 運動指導

骨盤から背骨を整え、姿勢を改善することで身体が動かしやすくなります。身体を動かすことで神経、筋肉、関節に刺激を与えより健康的な身体へ戻します。
お身体は本来、歩くなどの基本動作ができ様々な動作をすることが出来るので、しっかり基本動作ができるように運動指導をしていきます。

4 患者様が治したいと想う強い気持ち

根本改善するには患者様が治したいと想う気持ちが強いほどご自身のお身体と向き合うことができるので最短でよくなる近道です。
施術を受けて頂くだけでも効果を実感することができますが、より早期改善に向けて取り組み、根本的な原因に対しての対処法を覚えて頂くことで今後のお身体との付き合い方が変わります。

 

【治療経過】

平成29年7月13日から施術を開始

初回から3回まで施術後の再検査では頚椎2番(C2)、右僧帽筋などの検査は良好になるもSLRや腰椎4番5番の圧痛は残存。

ご本人が感じる自覚症状も変わらずのままでした。

※初回から3回目までは、自宅での姿勢などもしっかり確認し、普段の生活から改善していくことから始めました。

自宅では床での生活が多いとのことだったので、骨盤を寝かす姿勢ではなくできれば正座の姿勢をとって頂くこと、仕事でしゃがむ姿勢が多いのでしゃがみ方などから取り組んで頂きました。

 

4回目の施術から少しずつ自覚症状に変化。

5~7回まで徐々に身体を動かせるようにったので、歩行指導し歩いてもらうことに。

※出来る範囲から歩行すると言う状態だったのですが、はじめから約30分の歩行をして下さいました。もちろん患者さんのお身体の状態によってですので、初めは5分から始められる方もいらっしゃれば、Sさんのように30分から歩かれる方もいらっしゃるので、無理の範囲から歩かれることをおすすめ致します。

 

7回目の施術後から仕事が忙しくなり少し通院期間が空いてしまいました。

仕事での負担も重なり痛みや症状も悪化してしまいました。

 

8回目の施術から10回目の施術で仕事中の痛みも軽減し、当院でお伝えしている宿題のウォーキングも歩きだしで少し違和感はありましたが、こちらも痛みも軽減し歩きやすくなったようでした。

 

11回目の施術時には痛みも10→5まで半減するとこまでいきました。

※以前の症状より半減し動ける行動範囲も広がったので通院間隔を空けて経過を診るようにしました。もちろん当院でお出ししている宿題に対してしっかり行って頂くことを条件にとお伝えさせて頂きました。

 

その後、12回目の施術時にはランニングもジョギングもできるまで回復することができました。患者さん

その後も治療を続け19回目の治療後から仕事をしても、ウォーキングしても走っても、トレーニングジムに行って筋トレしても痛みなく満足にできるまでに回復しました。

 

その後もお身体の調子を維持する為、月に1~2回程メンテナンスに通院して下さっています。

 

【当院の感想】

ここまで約4ヵ月の期間通院して頂き、Sさんのお身体が健康な状態を保つことができるようになりました。

4ヵ月という期間中は大好きな運動ができるように当院がご案内した治療計画通りに通院して下さり、更に宿題の体操やウォーキングとお仕事で忙しい中、できる限りの取り組みをして下さいました。

まだ20代前半で遊びやデートを優先しがちな年齢にも関わらず、真摯に自分の身体と向き合い取り組まれたその結果が今回のようにSさんが望んでいた結果に私たちがお手伝いできなのだと思います。

初め、病院に通院している時は治すために色々取り組もうとしても、何をしていいかも教えてもらえず、ただただ通院してお薬を飲む、そしてまた言われるがままに通院を繰り返す日々だったそうです。

本気で良くなりたい、治したい、その為なら努力も惜しまないという真面目な方が正しい情報、知識を手入れることができず、間違った治療を真面目に受けることで病状、症状が良くなるどころか、逆に悪化させてしまうケースも少なくありません。今回のSさんのように「これでいいのか?」「良くなる気がしない」と気づくことができればいいですが、身体の知識が足りない患者さんに気づいてもらうことはなかなか難しいことだと思います。やはり治療、施術を提供する立場の私たちが正しい有益な情報を患者さんに提供しなければいけないと改めて強く感じました。

当院では少なからず一般的な何となくの情報や施術でなく、身体本来の構造や働きを元に一歩ずつでも確実に回復に近づけるような情報や施術を提供させて頂いています。

しかしその為には患者さん自身の努力と取り組みが必要不可欠になります。

当院は本気で身体を良くしたい、その為なら努力するという患者さんと一緒に頑張り、お手伝いができます。

 

【注意】

今回のSさんのような重症な症状の方でも、しっかり治療し自己ケア(運動療法、姿勢改善、生活習慣改善)をすることで思い描いていた以上の結果に結びつくことができます、全ての患者さんがこのような治療経過を辿るとは限りません。

お身体の状態、通院頻度、生活環境など様々なことがお身体に影響しますので、一概に全て治るというわけではないことだけはご了承下さい。(当院でお力になれないケースもございます。)

 

これを読んで下さった方に少しでも参考になり、ヘルニア、坐骨神経痛で悩まれている方で不安な方に少しでも希望をもって頂ければ幸いと思い書かせて頂きました。

 

※最後になりますが効果効能は個人差がありますのでくれぐれも誤解がないよう宜しくお願い致します。

青梅の整体は「クーア整骨院」へ PAGETOP